中古車について

中古車の傷やへこみは仕方ない?無料修理や値引きのコツを解説!

  • 中古車に傷やへこみがあるのは当たり前?仕方ないものなのか?
  • 説明されていない傷やへこみがあったら中古車を返品できるのか?
  • 傷やへこみのある中古車は購入前に直してもらえる?
  • 中古車に傷やへこみがあった時、値引きしてもらえるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では中古車の傷やへこみについて詳しく説明していきます。

1.中古車に傷やへこみがあるのは仕方ないのか?

中古車は所詮”中古”なので、多少の傷やへこみがあることは普通です。

普通に車を使っていれば、飛び石などで傷ができることもありますし、物がぶつかってへこみができてしまうこともあります。

乗り手が大事に乗っていても、傷やへこみは避けられないことが多いです。

傷やへこみに関してきちんと修理してから販売する中古車販売店もあります。

しかし、修理をするとなると、コストがかかり、中古車の値段が高くなってしまいます。

そのためあえて修理せずに価格や安くして、販売している中古車販売店もあります。

中古車を購入する場合には、ある程度傷やへこみについては寛容になっている方がストレスなく車を買うことができますよ。

・傷やへこみがある中古車が嫌なら現車確認をしっかりする

傷やへこみのある中古車が嫌なのであれば、購入前に現車確認は絶対にしてください。

「ネットで買う」「写真を見て買う」では、細かい傷までは確認することができません。

あとになってから、傷やへこみがあるとクレームを入れる羽目になります。

余計なトラブルを招くきっかけになるので、あらかじめ現車確認で傷やへこみについてはしっかりとチェックしましょう。

2.小さな傷やへこみなら修理すればきれいになる

上でも説明したように中古車なら多少の傷やへこみは当たり前と思っていた方がいいです。

小さな傷やへこみ程度であれば修理すればきれいにできるので、あらかじめ修理を前提に中古車を選ぶというのも一つの手段です。

修理する場合には

  • 購入店で修理してもらう
  • 板金修理工場に持っていく

この2つの方法があります。

購入店で修理をしてもらうほうが納車前にきれいにしてもらえるので、手続きなどは楽です。

ただ板金修理工場に持っていく場合よりも高くつくことが多いです。

なので、安さを求めるならなら自分で板金修理工場に持っていくことをおすすめします。

・傷やへこみの修理代の相場はいくら?

修理代は傷の大きさ、どの場所に傷ができたかによって異なります。

10cm×10cmの傷で見積もりをシミュレーションしたので参考にしてください。

傷の場合の相場

  • ドア:30,000~40,000円
  • バンパー:15,000~25,000円
  • ボンネット:30,000~50,000円
  • ルーフ:35,000~50,000円
  • フレーム:25,000~35,000円
  • エアロ:5,000~10,000円

へこみの場合の相場

  • サイドステップ:2~3万円
  • サイド:2~5万円
  • 側面:4~6万円
  • 天井:3~5万円
  • トランク:5万円
  • フロント:3万円
  • 屋根:3~5万円

3.傷やへこみを理由に無料修理や値引き交渉するときのコツ!

傷やへこみのある中古車の場合、値段は傷やへこみを考慮されていることが基本です。

傷やへこみは素人でも分かりやすい部分なので、下手にごまかさずに初めから値段を下げて、購入のハードルを下げておくことが多いです。

しかし、だからと言って、交渉ができないわけではありません。

「傷やへこみがなければ、この車に決めたんですけどね」とその中古車の欠点を指摘しつつ

  • 値引きはできないのか?
  • 修理してもらえないのか?
  • 修理代を安くできないのか?

というのを交渉することはできます。

ポイントとしては「傷やへこみがなければ、その中古車を買う」という意思表示をすることです。

販売員としても買ってもらえる可能性が高い人であれば、交渉を頑張ってくれる傾向にあります。

中古車販売店の中には、自社で修理を行っているところもあるので、そういった場合には修理代を無料にしてくれたり、安くしてくれたりしやすいです。

4.納車後に説明なしの傷やへこみを発見したとき中古車を返品や無料修理してもらえるのか?

中古車にある程度傷があるのは仕方のないことですが、購入前に確認したときにはなかった傷がついていた場合、中古車販売店に返品できたり、無料修理をしてもらうことは可能なのでしょうか?

返品は難しいですが、無料修理であればやってもらえる可能性はあります。

遅くとも納車のタイミングに指摘する必要があります。

というのも、どの段階で傷がついたのかを証明する必要があるからです。

例えば、

  • 車の状態は無傷と書かれている書類が残っている
  • 納車前の車の写真が残っている

などきちんとした証拠が残っていれば、納車時に傷やへこみを発見できれば、交渉することで無料修理をしてもらえるでしょう。

 

しかし、証拠が残っていない、納車から1日でも経過しているという場合には難しいです。

中古車販売店側のミスでついた傷なのか、購入者のミスでついた傷なのかを客観的に判断できないからです。

納車後になると、購入者が車に乗って付けたという可能性が高くなります。

そのため中古車販売店側はまず傷やへこみについての責任を認めないでしょう。

傷やへこみが気になるのであれば、事前に車の写真を撮っておくなどして証拠は残しておくようにしましょう。

余計なトラブルなしで質の高い中古車を手に入れたいならこちらのサービスがおすすめです。

どんな車があるか調べるならこちらから

-中古車について

Copyright© 車買取ガイド , 2020 All Rights Reserved.